ゴジータ【究極最強の融合】:ドッカンバトル

ゴジータ【究極最強の融合】

5周年Wドッカンフェス「ゴジータ編」の目玉ゴジータ【地球を守る融合戦士】がLRにまでドッカン覚醒したカード。

パッシブ『自身のATKとDEF77%UP&敵を攻撃するとき自身の気力+3、必ず追加攻撃し中確率で必殺技が発動&3番目に攻撃すると高確率で攻撃を回避&条件を満たすと変身する(バトル開始から4ターン経過) 』

5周年を飾る最強クラスの1体だが、長期戦で仕上げてこそぶっ壊れる長期戦専用機。

変身前の4ターンは、はっきり言って強くはない!

だが、すでに準備が始まっていて実はかなり大事。

必殺を撃つとATK30%UPの無限上昇。追加攻撃の中確率(25%)で発動する必殺を何発上乗せできるかが、まず最初の勝負どころ。

3番目に置くと高確率回避は罠。多少攻撃を食らっても1枠・2枠目に置き、きっちり2ターン必殺を撃つことが大事!

変身後パッシブ『自身のATKとDEF77%UP&1番目か2番目に攻撃すると自身の気力+5、必ず追加攻撃し、攻撃するたびに更にATKとDEF7%UP(最大77%)、全属性に効果抜群で攻撃&3番目に攻撃すると必ず必殺技が発動し、高確率で攻撃を回避 』

パッシブ補正は掛け算形式で、11回攻撃後は『ATK・DEF213%UP』フルパワーの最強形態へ!!

ステータス

  無凸
HP 19025 24025
ATK 17230 22630
DEF 6575 11175
リーダースキル
「最後の切り札」または「フュージョン」カテゴリの気力+3、㏋とATKとDEF150%UP
パッシブスキル アルティメットパワー!!
自身のATKとDEF70%UP&敵を攻撃するとき自身の気力+3、必ず追加攻撃し中確率で必殺技が発動&3番目に攻撃すると高確率で攻撃を回避&条件を満たすと変身する(バトル開始から4ターン経過)
 必殺技 メトロアタック 気力12~
ATKが上昇し、相手に極大ダメージを与える
超必殺技 かめはめ波 気力18~
ATKが上昇し、相手に超極大ダメージを与える
変身後
パッシブスキル 信じられないパワー!!
自身のATKとDEF77%UP&1番目か2番目に攻撃すると自身の気力+5、必ず追加攻撃し、攻撃するたびに更にATKとDEF7%UP(最大77%)、全属性に効果抜群で攻撃&3番目に攻撃すると必ず必殺技が発動し、高確率で攻撃を回避
アクティブスキル 究極かめはめ波 条件・次の攻撃参加ターン以降、敵が1体で敵のHP50%以下のとき発動可能(1回のみ)
一時的にATKが大幅上昇し、相手に究極ダメージを与える
 必殺技 スターダストフォール 気力12~
1ターンATKとDEFが上昇し、相手に極大ダメージを与える
超必殺技 メテオエクスプロ―ジョン 気力18~
1ターンDEFが上昇し、相手に超極大ダメージを与える
リンクスキル
戦闘民族サイヤ人 ATK700UP
合体戦士 気力+2
臨戦態勢 気力+2
神戦士 (変身後) ATK10%UP
短期決戦 気力+3
かめはめ波 必殺技発動時、ATK2500UP
超激戦 ATK15%UP
伝説の力 必殺技発動時、ATK5000UP
カテゴリ
最後の切り札 フュージョン
神次元 劇場版HERO
かめはめ波 変身強化 

技上げ

イベント「ドラゴンボール超 ブロリー」でドロップする、SSRゴジータで簡単に可。

潜在解放

攻撃を重ねるほどに強くなる『連続攻撃』全振り。

悟空伝・ドラゴンヒストリー

悟空伝・ドラゴンヒストリー共に最終戦に辿り着く頃には最強状態になっているのは間違いないが、注意しないといけないのが、最強になるまでの過程。

片方でも持っていたら絶対に組んでしまう、ゴジータ (ベジット)リーダー、フレンドベジット (ゴジータ)『最後の切り札』カテゴリ。

尻上がりに敵が強くなっていく悟空伝タイプなら、順調に2体とも最強に仕上げれるが、ドラゴンヒストリー・ブロリーみたいな始めから強いステージでは、どちらかが足を引っ張ることが多発!

まず2体とも大事なのが、変身前の必殺。敵の攻撃無視で1枠・2枠目が必須だが、この時点で運ゲーはスタート。

DEF補正70%だけの紙防御に必殺が飛んでこないことを2体分お祈り。

変身してからもまだ運ゲーは続き、とりあえず6回ぐらいは1枠・2枠目で攻撃して、補正値150%前後まで上げないと不安なDEF。

必殺追加効果も合わせると、行動後に受けれる2枠目からはそこまで酷いDEFでもないが、仕上げるのが2体、その他に無限上昇系がいたりすると渋滞気味になり、1枠目の先手ゾーンに強制的に置かねばならない場面も出てきて、またお祈り。

変身後は2体を表裏のターンにしっかり隊列調整しておかないと、変身前の4ターン+変身後にも6ターン(1回の攻撃につき連撃1回計算)ぐらいは続いてしまう運ゲー。

アイテムを早めに使ってしまうだけで失敗に等しい高難易度。

とにかく『最後の切り札』Wリーダーの詰め込みは意外に難しい。

てか、ドラゴンヒストリー・ブロリーは難しい。

バトルロード

悟空伝・ドラゴンヒストリーの長期戦に比べると悲しいけど、そんなに強くない。

だが、持っている以上は使わないといけない特別感。

とりあえず、3枠目の高確率50%回避マンでしのぎながら運ゲー。

バーチャルドッカン大乱戦

3枠目の高確率50%回避マンで参戦!

評価

ちょうど今回の5周年と同じ組み合わせのWフェスだった3周年。

今でも最強LRに数えられる旧ゴジータ・ベジット

正直あの時の2体と比べると、そこまで壊れていない新ゴジータ・ベジット

旧ゴジータ・ベジットは場にいるだけで、どうにでもできる無敵感で溢れていたが、新ゴジータ・ベジットは長期戦で仕上げてこそ最強の条件付き。

長期戦限定+準備期間が必要。

この2つの条件で薄まってしまう、ぶっ壊れ性能。

前と今では環境が違うので仕方ないかもしれないが、もっと壊してきてほしかったと思いきや、性能ではなく違うところが壊れていた!

過去最高どころか、今後もこれを超えることはないであろう必殺演出!!

映画レベルと言うより、映画そのもの。

とんでもない本気を出してきたドッカンバトルだったが、その代わりなのか、新ベジット・ゴジータ演出が違うだけで性能はまったく同じになっている。

95点!!