Area16 それぞれの再会 (中編):ドッカンバトル 冒険ストーリー

前回の話

4.新たなサイヤ人ターレス

ターレス
「サイヤ人全てが今倒したやつらと同じだと思わないほうがいいぜ」

クリリン
「悟空?」

ターレス
「ゴクウ?オレの名はターレスだ!サイヤ人の下級戦士は顔のタイプが少ないんだ、誰かと間違えているようだな」

トランクス
「おまえもこの地球を征服しようとしているのか?」

ターレス
「そうだな、そうさせてもらうか」

トランクス
「くっ、そんなことはさせないぞ」

ターレス
「少しはやるな、おまえら戦闘力をコントロールできるようだな」

クリリン
「イヤな感じだぜ、悟空と同じ顔のやつと闘うなんてよ」

ターレス
「む?なにか来る」

トランクス
「この気は」

ギニュー
「スカウターからサル共の言い争いが聞こえてきたから来てみれば、なんであの地球人たちもいるんだ」

5.ギニュー乱入!

ギニュー
「ベジータのジャマさえなければきさまらはあの時死ぬはずだった、今度は覚悟するがいい」

クリリン
「悟空じゃないよな、あれはギニューだよな」

トランクス
「間違いありません、邪悪な気を感じますから」

ギニュー
「オレもだんだんこの身体に慣れてきた、もうきさまらが勝利する可能性はないぞ」

ターレス
「おまえはカカロット?そういえば地球にはおまえが送りこまれていたんだったな」

「カカロット、おまえはアニキと違って相当鍛えこんでいるようだな」

トランクス
「戦闘は避けれそうにないな、悟空さんの身体を傷つけることになってしまうのか」

ギニュー
「準備運動はこれくらいにしておくか、そろそろこの身体のとんでもない戦闘力をお披露目しよう」

クリリン
「ギニューのやろう、ホントに悟空の身体に馴染んできてるみたいだ」

トランクス
「あのターレスというサイヤ人もものすごいパワーとスピードです、こんなに強いサイヤ人がまだいたなんて」

ターレス
「どうした、かかってこないのか、もう全ての力を出し切ってしまったか?」

「おまえはアニキと違って相当鍛えこんでいるようだな」

また正論を言うターレス

もうラデッィツのことはそっとしておいてやれ!

6.悟空との再会!?

???
「見つけたぞ、オラのカラダを返せ」

クリリン
「悟空?悟空だよな?」

ギニュー
「クリリン、トランクス、すまねえ ずいぶん迷惑かけちまったみてえだな」

トランクス
「悟空さん、まさかこんな形で再会するとは思いませんでしたが、とにかく無事で安心しました」

悟空
「う~ん こんな顔になっちゃて無事とも言えなえけど、とにかく今はおめえらといっしょにオラも闘うぞ」

ターレス「あれはギニュー特戦隊の隊長のギニュー、あいつらそんな大物と仲間だったのか」

「面倒なやつが出てきやがったぜ、ここは一旦退くとするか」

悟空
「仲間にも逃げらちまったみてえだな、もう降参したらどうだ」

ギニュー
「仲間か、オレの本当の仲間は今こっちに向かっているところだ」

トランクス
「気が、気が近づいてくる」

リクーム
「隊長-!助太刀にきましたぜ」

前回は謎の強さを見せたジースバータリクームグルドだったが ・・

悟空
「おめえたちじゃオラたちの相手にならねえ」

ジース
「このヤロ~、オレたちは天下のギニュー特戦隊だぞ」

ギニュー
「何をしているんだお前たち、相手がオレの昔の身体だからといって遠慮することはないぞ」


再会の悟空!

そして、またまたまた登場のギニュー特戦隊!!

次の話へ