Area15 歪む運命:ドッカンバトル 冒険ストーリー

前回の話

1.とびっきりの邪悪

バーダック
「これですべてが変わる、惑星ベジータの運命、このオレの運命、カカロットの運命、そしてきさまの運命も」

「これで最後だっー」

フリーザ
「ホッホッホッホ」

バーダック
「なに!!うわあぁ」

バーダック
「どこだ?ここは オレは生きているのか?」

界王
「トランクス聞こえるか?」

トランクス
「界王さま、なにかわかりましたか」

界王
「こいつが次元の歪みの直接の原因かはまだわからんが、とびっきり邪悪な気を発見したぞ、場所を教えるから今すぐ向かってくれ」

バーダック
「ん?なんだてめえらは」

トランクス
「悟空さんじゃない、だけどこのあいだのギニューのときのようなイヤな感じはしないぞ」

バーダック
「こうやってヒトが現れたってことは、どうやら地獄に落ちたわけじゃないみてぇだな」

「悪いがオレが本当に生きてるかどうか、その証を確かめさせてもらうぜ」

ついに登場のバーダック

彼が界王さまの言っていた、とびっきりの邪悪?

2.迷い込んだ戦士

バーダック
「フリーザの攻撃をまともに受けた記憶は確かにある、オレはいったいどうしちまったんだ」

トランクス
「あなたはいったい何者なんですか?」

バーダック
「さあな、オレもそれを確かめたいんだ」

トランクス
「すごいパワーだ、けど彼が界王さまの言っていた邪悪な者とは思えない」

3.挑戦者たち

トランクス
「なんて強いサイヤ人なんだ」

バーダック
「てめえらサイヤ人を知っているのか」

「そういや、てめえのツラどこかで見たような気が、、ベジータ王?」

バーダック
「だいぶ感覚がもどってきたぜ、たしかにこれはオレの身体だ」

「よくわからねえがありがたいぜ、またフリーザのやろうに挑めるんだからな」

トランクス
「また?」

バーダック
「フリーザには気をつけるんだな、てめえもサイヤ人なんだろ?目つきでわかるぜ」

トランクス
「それは」

バーダック
「サイヤ人はみんな黒髪のはずなんだが、まあどうでもいいか」

「てめえらとはまた会いそうな気がするぜ、じゃあな」

トランクス
「悟空さんにソックリなサイヤ人までこの地球に、これも次元の歪みのせいなのか」

ダーブラ
「バビディ様お喜びください、この星には素晴らしいエネルギーを持つ者が大勢いるようですぞ」

バビディ
「くひひひ、そいつは楽しみだね~」


ついにバーダックが登場!

次は魔人ブウ編に突入?

次の話へ