Area14 最強の人造人間!? (前編):ドッカンバトル 冒険ストーリー

前回の話

1.追跡!ドクター・ゲロ

ヤジロベー
「ベジータめ、偉そうなこと言いやがって、このヤジロベー様に恐れをなして逃げただけじゃねえのか」

ヤムチャ
「ヤジロベー・・おまえってやつは・・」

天津飯
「そんことよりトランクス、これからどうするんだ?」

トランクス
「オレはやはり「最強の人造人間」という言葉が引っかかっていて」

天津飯
「ドクター・ゲロの去り際の言葉か」

ヤムチャ
「あれがたんなる負け惜しみじゃないとしたら、けっこうやばいかもな」

天津飯
「よし、ならゲロの研究所へ向かうか」

ヤムチャ
「善は急げだ、すぐに出発しよう」

トランクス
「あ、ヤジロベーさんは来られませんか?」

ヤジロベー
「飛べねえんだよ、オレは」

飛べないヤジロベーを残し、ドクター・ゲロの研究所を目指すZ戦士御一行の前に突如現れた謎の二人組。

ヤムー
「よーし、いただくぞおまえらのエネルギーを」

トランクス
「なんだ、おまえたちは」

ヤムー
「汚れていない巨大なエネルギーバビディ様もお喜びになられるぞ」

ヤムー
「こいつらスキがない、正面からではムリだ、スポポビッチここはいったん出直すぞ」

突如現れ去っていたヤムースポポビッチ

次の敵のフラグを立てつつ、予定通りドクター・ゲロの研究所を目指す。

2.因縁再び!

研究所を目指すトランクス達の前に次なる敵が現れる。

トランクス
「おまえたちは」

鶴仙人
「裏切者は絶対に許さんぞ、天津飯に餃子」

天津飯
「鶴仙人さま」

鶴仙人
「鶴仙流を侮辱する者は、どいつもこいつも八つ裂きにしてくれる」

桃白白
「おのれ、まだだ!まだ勝負はついておらんぞ」

天津飯
「トランクス、おまえたちは先に研究所へ向かってくれ」

「もともとはオレたち鶴仙流の問題なんだ、ここは自分たちでケジメをつけたい」

トランクス
「わかりました」

天津飯
「がんばれよ、トランクス!おまえたちの手で人造人間を倒すんだぞ」

鶴仙人桃白白をダシに、上手いこと人造人間から逃げることに成功した天津飯。

天津飯がメンバーから離脱した!

3.最終兵器起動!

『ぜったい人造人間許さないマン』トランクスの研究所探し。

トランクス
「見つけたぞ、ドクター・ゲロ」

ドクター・ゲロ
「おまえたちここまで、まあいいこちらから出向く手間がはぶけるというものだ」

トランクス
「覚悟しろドクター・ゲロ、もうおまえの好きにはさせないぞ」

ドクター・ゲロ
「もう遅い、13号・14号・15号を起動させる準備はすでに整っている」

ヤムチャ
「なんだと」

トランクス
「13号、14号、15号、3体もいるのか」

ゴゴゴゴ・・・


遂に動き出す最強の人造人間たち!!

まだいるヤムチャは無事に過ごせるのだろうか!

次の話へ