レジェンズ ストーリー:第1部6章8話 バトルロワイヤルの真相


6章7話 バトルロワイヤルの真相

6章8話 バトルロワイヤルの真相

シャロット
「へっ、いっちょあがりっと」

ブルマ
「はいはい、その調子その調子 シャロットさえいればわたしは何もしなくていいんじゃないかしら」

ジャコ
「油断するな、この先もっと恐ろしいヤツが現れてもおかしくない」

「この前のドドリアの件もある、ヤツらが地球で何をしでかすかわからんからな」

ブルマ
「うっ、まあたしかにそうね」

シャロット
「そういや、あのドドリアってヤツの凶悪組織ってどういうもんなんだ?」

ジャコ
「この宇宙にはフリーザという悪人が率いる組織があってな、ドドリアはそいつの部下だったヤツだ」

「あらゆる時代からやって来たフリーザ軍の戦士たちが徒党を組むこともありえる」

「いや、他の悪党たちと手を組んでもっと悪事を働くかもしれん」

「もしそうでもなったら、地球は終わりだろうな」

ブルマ
「ちょっと、悪いジョーダンやめてよね」

ジャコ
「その時には孫悟空に何とかしてもらうしかないな、はっはっは」

シャロット
「孫悟空、あいつか」

「あいつもサイヤ人なんだろ、あのキンパツになる技はなんなんだ」

ジャコ
「あれは「超サイヤ人」だ」

シャロット
「超サイヤ人」?」

ジャコ
「さて、孫悟空の話はこのへんにしておくか シャロット気づいてるな」

シャロット
「ああ、向こうから誰か来やがる 話の途中だってのに」

ジャコ
「ウワサをすれば、あの服装はフリーザ軍の者だな」

アプール
「早くしろ、ヤツに殺される」

ラーズベリ
「こんな辺境の星にあんな強いヤツがいるなんて」

シャロット
「待ちなてめえら、オレたちと勝負」

アプール
「ヒイィ、なんでてめえがココに」

シャロット
「ん?」

ラーズベリ
「くそ、殺されてたまるか、返り討ちにしてやるー」

シャロット「な、なんだぁー」


レギュラーモブキャラのアプールラーズベリ

前回の敵はなんでパンやったんや?

つづく