レジェンズ ストーリー:第1部6章3話 バトルロワイヤルの真相


6章2話 バトルロワイヤルの真相

6章3話 バトルロワイヤルの真相

ビルス
「とにかく、これが「超時空バトルロワイヤル」の真実だ」

「ブルマの知識はもとより、ほかにも戦力が必要だ おまえたちにも期待している」

シャロット
「イヤだと言ったら?」

ビルス
「言わせんよ、試してみるか?」

ザッハ
「・・・」

ウイス
「まあ、みなさまにも考える時間は必要でしょう」

「ひとまず解散とし、明日改めてビルスさまに協力するか、答えを聞かせてもらうとしましょうか」

ビルス
「まあいいだろう、明日同じ時間に集まってもらおう」

ブルマ
「ああ~、なんでこんなことに」

ジャコ
「まあ元気を出せ、それ以外かける言葉が思いつかん」

ブルマ
「いきなり神さまをさらうような相手を探す手伝いをしろだなんて」

シャロット
「なんも知らないまま世界が滅んじまうより、手伝えるだけマシだろうが」

ブルマ
「わたしみたいなか弱い女の子にやれることなんて、たかが知れてるわよ」

「は~あ~、このまま都に引きこもってたいわ」

シャロット
「またそれか、そんな暗いこと言っ」

???
「オラー! 飯がまずいんだよ!」

ブルマ
「な、何っ?」

シャロット
「なんの音だ」

ドドリア
「チッ、この星にはロクな食いモンがねえぜ」

シャロット
「てめぇ、何してやがる」

ドドリア
「ほ~う、これはこれはお強そうなのがきやがったな」

「それと腰抜けの銀河パトロールか、こんなところで何してやがるんだ」

ジャコ
「げげぇ! ドドリア」

ブルマ
「何? 知り合い?」

シャロット
「こんなトコで暴れんじゃねぇ、それとな」

「ココの食いモンはうめぇ! テメェの舌がポンコツなんだよ」

ドドリア
「んだとぉ~、生意気なガキだ」

「ヤロウども、こいつらをたたき潰せ」


ベジータたちサイヤ人の次は順当な順番、フリーザ軍ドドリア登場!

次はフリーザ編か?

つづく