レジェンズ ストーリー:第1部4章4話 サイヤ人の師匠


4章3話 サイヤ人の師匠

4章4話 サイヤ人の師匠

シャロット
「なんだ? 身体に力がみなぎってる、ザッハの術の力か?」

ザッハ
「これで詰みだ、覚悟はいいな」

桃白白
「くそう、こうなったらあの怪しい異星人から買い取ったこいつを」

栽培マン
「ギギ、ギギギ--」

ザッハ
「栽培マン、こんなモノを隠し持ってたのか」

桃白白
「きさまら、わたしが逃げ切るまで時間を稼げ」

シャロット
「きたねえぞ、てめええー」

ザッハ
「逃げられたか、まったく小賢しい爺さんだ」

ザッハ
「まあいい、それでシャロット 怪我のほうはしっかり回復したみたいだな」

シャロット
「ああ、まあな」

ザッハ
「今の魔術はオレの隠し玉だ、あまり人には見せたくなかったんだが」

シャロット
「そうかよ、だが礼なんか言わねえからな」

ブルマ
「あんたねえ、子どもじゃないんだから」

ザッハ
「礼はいらない、これは詫びがわりだ おまえにも命をかける覚悟がある、それがわかったからな」

シャロット
「んな覚悟あるワケねえだろ、死ぬのはゴメンだ」

ザッハ
「たった今オレをかばって死にかけただろう、こいつもしかして天然か」

シャロット
「うるせえ、それよりさっきの話の続きだ」

ザッハ
「いいや話はもう終わりだ、おまえの修行付き合ってやるよ」

シャロット
「はあ? どういう風の吹き回しだ」

ザッハ
「さっきの爺さんみたいな姑息な手も考えていたが、どうやらオレには向いてないらしい」

「おまえたちと一緒にいるのが、一番手頃な修行の機会になりそうだからな」

シャロット
「そうかよ、素直じゃねえヤロウだ」

ブルマ
「シャロット、あんたもザッハのこと言えないんじゃない」

ジャコ
「まったくだ、なにか忘れてないか? 孫悟飯に対してな」

シャロット
「うるせえな、オレの勝手だろうが」

「おい、悟飯」

悟飯
「はい」

シャロット
「あのジジイのせいで少し遅くなっちまったが、とびきりウマいメシを取ってきてやる」

「それでさっきの件はチャラだ、いいな」

悟飯
「は、はい」

ブルマ
「あんたほんっっとうに素直じゃないわね、もうちょっと素直に謝れないわけ」

桃白白
「おのれええーガキどもが、このままでは済まさんぞ!」

???
「いいえ、あなたの悪行はここまでです、桃白白さま」

桃白白
「なに? き、きさま」

 

桃白白をジジイ呼ばわりの原作、アニメに他のゲームでも有りそうでなかった表現。

桃白白の初登場時の年齢は291歳。

つづく