ガーリックJr.:劇場版ドラゴンボールZ オラのご飯をかえせッ!!

ガーリックJr.
必殺技
デスダンス

300年前、神の座の後継者争いに敗れたガーリックの生まれ変わりでもある息子ガーリックJr.(ピッコロ大魔王とピッコロみたいな関係)。

紹介

先代の神に野心を見抜かれ後継者争いに敗れたあと、神に反抗し「300年後に必ず復活する」と叫びながら封じ込められたが、宣言通りに300年の時をえて息子ガーリックJr.が魔族三人衆を引き連れ、神に復讐にやってきた。

元神様候補なだけあり、ピラフ大王みたいな見た目でもなかなかの実力者。


悟空も気づいていなかった、悟飯の潜在能力に気づく不思議な力を持ってたり、戦闘力も素の状態でも神様を余裕でボコボコにできるぐらいの強さを持っている。
戦闘用の本気モードになると戦闘力はさらに上がり、悟空達をも上回る強さになる。


見た目と強さのギャップを持った珍しいキャラのガーリックJr.だが、ただ珍しいだけじゃなくほんとのレアキャラ。

本編、映画を含めても、あのフリーザでも叶えられなかった永遠の命をドラゴンボールで叶えた唯一のキャラ。

そして、映画オリジナルキャラで本編ドラゴンボールZにも登場した数少ないキャラの一人でもある。
この逆輸入パターンはガーリックJr.ハイヤードラゴンの二人だけ!

なぜこんなに優遇されたのか分からないが、地味にドラゴンボールで一番のレアキャラはガーリックJr.。

登場ゲーム

初めての登場ゲームは、1990年発売ファミコンソフト【ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人】ゲームの中ボスとして出現。

次の登場はかなり時間が空いて、2007年発売のマニアックキャラ多数出演【ドラゴンボールZ スパーキングメテオ】


ピラフモードも使用できるマニアック仕様で準備されたが、やっぱりのマニアが少しだけ喜んだだけの誰得キャラだった。