ランチ:ドラゴンボールZ サイヤ人編

ランチ

原作コミックスではサイヤ人編に入ると同時に、天津飯を追いかけ出て行った設定で消えたランチさんもアニメではもう少しだけ登場。

ドラゴンボールZからはアニメオリジナルキャラのランチさん!

紹介

アニメでは、天津飯の家に押しかけて天津飯、チャオズと一緒に暮らしているランチさんの収入源は相変わらずの銀行強盗!

「金は天下の回り物、ゴタゴタぬかすな!」

「待ってろよ天津飯、この金で美味いもんをたっぷり食わせてやる!」

飯ができたぞーと豪快にマシンガンをぶっ放し、盗んだ金で最高の食材と脅して連れてきた料理人たちに最高の料理を作らせてのおもてなし!


「もう平和になったんだこれ以上強くなってもしょうがないぜ、それより一緒に銀行強盗やろう!!」

「これからは金がものを言う世の中よ!金があればハッピーだぜ!!」

天津飯に相手にされなくてもお構いなしに、どこまでも追いかけていく宣言!

サイヤ人編まではちょいちょいと天津飯を追い掛け回すランチさんが登場しているが、ナッパに殺されたことを知りバーで悲しんでいるシーンを最後に長いことアニメでも姿を消すことになる。

ランチにまつわる都市伝説

悟空が少年時代の初期(3巻の26話)から登場していて、天然でおしとやかなお嬢様キャラから、くしゃみをすると乱暴で暴力キャラに見た目も変身する2重人格で、人気キャラクターだったランチさん。

ブルマの次に人気女性キャラだったのに、サイヤ人編に入った瞬間に何の前触れもなくいきなり消えたことで、さまざまな憶測が噂され都市伝説になっている説を紹介。

①精神障害者団体からのクレーム説

2重人格で苦しんでいる人が世の中にはたくさんいるのに、2重人格をネタにしていると様々な障害者団体にその支援団体から、クレームがあったとかなかったとか。

②金髪女性への差別説

ランチが登場した時代(1986年)は金髪=素行が悪いイメージがより強い時代。
とくに若い女性が金髪なんて、そっち系かあっち系で確定。
ランチさんの行動からも若い金髪女性はとにかくイメージが悪いと、クレームがあったとかなかったとか。

③スーパーサイヤ人のせい説

サイヤ人が登場した時点で実はスーパーサイヤ人の登場プランもあり、金髪に変身はキャラが被るので、消えてもらったとかなかったとか。

④都市伝説になったきっかけ説

ランチさんにまつわる噂が都市伝説になったきっかけのページがこちら。

一見なにも違和感がないように見えるが、17号のセリフがおかしいと連載時から話題になっていた。
(17号は悟空に会ったことがないので声を聞いたことがなかった。)
後に【ドラゴンボール大全集で作者鳥山明がほんとはランチさんを出す予定だったが17号に差し替えられたの発言で、セリフの矛盾は解決したが新しい謎が生まれた。
なぜキャラを変える必要があったのか?
今までの謎も含め一気に都市伝説化へ!

検証結果

はドラゴンボールが連載当時からずっとPTAを中心にクレームを受け続けている「死んでも生き返る」発言に設定を、まったく気にせず最後まで推し進めてきた中、特定団体からのクレームなんか気にするわけがないので、クレームをほんとに受けてたとしてもたいしたことではなかったはず。

だったら鳥山明がどっかで暴露しているはずだからこれも違う。

はもし本当に大人の事情で消さないといけなかったのなら、中途半端にアニメで延長して出さないし、ゲームでも出さない。
ランチさんほどじゃないにせよ、魔人ブウ編のラストでは17号もすでに懐かしキャラ。
セル編以降17号はどうなっていたのかの謎も解けて一石二鳥のキャスティング。
(後のドラゴンボール超でもこの結果が大成功だったことを証明)
に関しては、編集者がただ有能なだけだった。

結論

アニメで言うところのドラゴンボールZに変わり、ドラゴンボールの世界感が変わった節目に今後活躍させるのが厳しいキャラクターを整理しただけで、実は都市伝説になるような話しではなかった説が濃厚だった。

最後の登場シーン

漫画では都市伝説のきっかけの差し替えで17巻が最後の登場になったが、アニメでは予定通りちゃんと登場!


漫画のセリフから金髪Verだと思ったが、少し老けたおしとやかなランチさん。

後ろのトラックから弁当会配達会社をしている小ネタ付きでアニメでも最後の登場になった。